家庭料理&ワインのおいしい時間 wurzburg.exblog.jp

b0210228_11135429.jpg

南国タイは、今ちょうど雨季のど真ん中。どんより曇って突然のスコール!かと思えばあっという間に止み、その繰り返し。そんな風情もまたタイの魅力です。おいしいマンゴーに出会えるのもそんな風土のおかげですね♡「カオニャオ・マムアン」は、ココナツの風味の糯米とマンゴーを一緒に味わうタイの伝統スイーツ。一口食べれば一瞬にしてエスニックの世界が広がります♪タイマンゴーは、心地よい酸味と甘味で香りが濃厚!ココナツミルクの力強さにだって負けません。トートマンクン(エビすり身揚げ)も好評でした。ワインとのマリアージュは新発見。今月は、家庭料理クラスでもタイ料理を紹介しましたよ~♪みんなに驚かれたけど笑。また登場するかも~♪゚。*・。♬*


[PR]
# by red-ginger | 2017-05-22 11:18
b0210228_23253474.jpg

外観、香り、味わいから、発酵や醸造の違いを探り、ブドウ品種はもちろん、産地や銘柄を考えます。
昔と比べたら、ブドウ栽培や醸造技術も進化し、2017年度の最新版ソムリエ教本もずいぶん内容がリニューアルされています!テイスティングは、受け身じゃなく、こちらから探りながら分析して飲むと、あらためて、ワインのより深い魅力が発見できるなぁと実感したのであります。
チリの新スタイルは、パワフルさと上品さを持ち合わせ、おいしくて~♡テイスティングのはずが、ついついワインが進む、お勉強会でした...゚。*・。♡








[PR]
# by red-ginger | 2017-05-19 23:41
b0210228_00355791.jpg

撮影現場。ときには品数も多く長丁場におよぶことも~お疲れさまでした。
この日のまかないは、撮影で使用したうなぎの蒲焼とレモン風味のサラダを再利用♪サラダうな丼?になっちゃいました笑。トッピングしたアーモンドのカリカリ食感がなかなか良いハーモニー。仕事と関係なく思いつきで作れるまかないは一番おいしかったりして笑。NAMARA芸人の大野さんは食分野の知識も豊か。しかし昨今は、料理男子やイクメンなど、男性の家事参加がトレンドのようですが、ここでも男子たちが食器の洗い物を率先!しかも、横にいた女子よりも洗い方にもこだわりがあり笑。皆たのもしい!☆☆☆。・:*:・゚`


[PR]
# by red-ginger | 2017-05-18 00:58
b0210228_23492749.jpg
ゴールデンウィークも終わってしまいましたね~!
だんだんと初夏を感じる陽気が増えてきました。
市場を散策するのが楽しくなるのもこの季節です。
ほんのり優しい苦みの天然の山ウド、うるい、そして野性のフキが食卓を賑やかに彩ってくれた料理教室は、
定番のグラタンにも山菜盛りだくさんです♪さて、グラタンといえば、ソース・ベシャメル。ルイ14世時代のシェフの名を冠したソース作りも、コツさえつかめば初心者さんでもお家で簡単に本格的な味が再現できます。
焼き菓子は、この時期ならでは甘い香りの苺のプティ・フール。一気に初夏の趣~♪゚。*・。♬*

[PR]
# by red-ginger | 2017-05-12 23:15
b0210228_21434583.jpg

ホルモン専門店、参加者みんなで初体験!メニューにはいろいろな部位のホルモンがずらり。よくわからないから、とりあえず全種類の盛り合わせと~あと、サンチュ、キムチも~。ホルモンをサンチュで巻いて食べると美味しい!でもこれって、いつもの焼肉スタイルと一緒?勧められるままにラーメンも!これまたホルモンからとったスープみたいで、、ホルモンづくしの夜でした。
後味は、予想以上さっぱりなのです!お隣のテーブルではワインを飲んでいて、七輪もおしゃれに見えます。ホルモンのイメージ変わるなあ(笑)☆。・:*:・゚


[PR]
# by red-ginger | 2017-05-02 21:51
b0210228_12411985.jpg

オーストリアのリンツが発祥、ドイツ経由でアルザスの銘菓となったリンツァートルテを実習しました~!
タルトは、フランス中、どこを訪れても出会うことができる国民的なお菓子で、季節感のあるところが親しみやすく教室にもときどき登場します♪こねた生地を器状に作り、その中に旬のフルーツを入れて焼いて食べたのがルーツかしら?と想像してみる。
料理教室では、夢と希望いっぱいに瞳を輝かせてお菓子作りと向き合う皆さんと出会えます!そんな姿を見つめていたら、お菓子作りに夢中だった自分の子供時代にワープ!(笑)胸がキュンとしたのであります。
.゚。*・。♡


[PR]
# by red-ginger | 2017-05-01 12:54
b0210228_09350242.jpg

新年度スタートです!
前年度から引き続きご参加の方、初めての方も!あれ、何年ぶり~?リピートの方も、うれしいなぁ。もう同窓会みたい。わいわい盛り上がるクラスであります。
まずはスパークリングでかんぱい。
タケノコ、コゴメなどエネルギーいっぱい蓄えた山菜が身体を内側からリフレッシュさせてくれます!チェダーやゴーダをバランスよくミックスしたチーズと共に、たっぷりパンにのせ香ばしくトーストにしました。山菜とチーズがこんなにマッチするとは!
゚。*・。♬*


[PR]
# by red-ginger | 2017-04-29 09:57
b0210228_07522921.jpg

桜の花も見納めとなり、牡蠣とふぐもシーズン食べ納めです。

先代が広島ご出身で、新潟の地で開業されて半世紀続くという新潟市の老舗、かき忠さんでランチ。
こちらでは、広島のカキと下関のふぐ、そして新潟の山海の恵みがいっぺんに味わえます!

ふぐの皮を煮こごりで寄せた前菜はモチモチ食感。自家製ポン酢は奥深い味わいです。雑炊にはお餅も入ってて〆まで嬉しい♪

こんなに満足度高いのに、なんといってもヘルシー☆☆☆。・:*:・゚`


[PR]
# by red-ginger | 2017-04-28 07:57
b0210228_01130923.jpg

日差しが増してくるとともにヨモギの若葉の香りも増してきますね♪越後における節句のごちそう、今年もまた笹団子&ちまき作りで、みなさんと一緒に盛り上がりました。
笹団子。左はおなじみの縛り方、そして今回は新発田における教室開催につき、右の「新発田巻き」で行ってみました、というか、こっちは地元の参加者の方から教わりました。真ん中を縛らない新発田巻きは、切腹を嫌う城下町の伝統の結び方なんだとか。

もち米100%の三角粽が分布している地域は、いづれも昔から米どころの産地。できたて、アツアツの美味しさは格別です...゚。*・。♡



[PR]
# by red-ginger | 2017-04-25 22:03
b0210228_00145959.jpg

今月のタイ料理メニューは、、
●パッ・バイガパオ・ムー(豚肉のガパオごはん)●プラーヘントードヤム(アジの干物のヤム)●クルアイポピアトード(バナナの揚げ春巻き)●筍と小松菜のケーンチューでした~。

「ガパオごはん」という言葉が日本でも知られるようになりました。辛くて香ばしくて、この一皿にタイの魅力がぎゅっと詰まった定番タイ料理です。アジの干物やバナナも、お国変われば調理法も変わる~で、目からウロコなタイ料理登場♪次回も、スパイシーで南国気分に浸れる本格タイ料理をご紹介しますね☆...゚。*・。♡ 



[PR]
# by red-ginger | 2017-04-21 00:22
b0210228_08250870.jpg


季節とともに、食材の移ろいを愛でる4月のスタジオレッスンメニューは、、
◆新潟産モッツァレラと苺のアペロ~桜のはちみつ◆筍とニシンの含め煮◆根三つ葉ごまあえ◆鶏肉のパリパリ酒粕焼き◆佐渡産メカブの味噌汁・・春爛漫!

家庭のキッチンでも鶏肉は皮パリパリ、中ふっくらジューシーに作ることができるのですよ。
山のもの、海のもの、里のもの、、春の食材を効率よく支度するポイントをたっぷり学びました。

冷たいロゼ・スパークリングもおいしい季節♡♡。...゚。*・。♬♪*†



[PR]
# by red-ginger | 2017-04-19 08:33
b0210228_17553492.jpg


鶏肉だから白ワインが中心かな~と、確かに、淡白な和食とは相性抜群といわれるアリゴテは、鶏ハムや鶏のお刺身とぴったりでした。アロマティックなヴィオニエも芳ばしい炭火料理とマリアージュ!でも、タレの甘いニュアンスや添えられた薬味、アツアツの温度帯や脂の旨味を引き立ててくれたのは、赤でした~!
今や食中酒は、料理のジャンルを問わない世の中ですね。日本酒とフレンチを合わせたり、お寿司屋さんや天ぷら屋さんでもワインがメニューリストにオンしてます。今回の鶏肉×ワインにも、マリアージュのポイントがあちこちに散りばめられた新発見連続の夜でした~♪゚。*・。♬*


[PR]
# by red-ginger | 2017-04-03 18:10
b0210228_22584252.jpg

4月のCooking Studio Mのれっすんでは、フランスはアルザス・ロレーヌ地方で復活祭に伝統的に食べられている、仔羊の型をしたかわいいお菓子♡「アニョーパスカル」をつくります。キリスト教にとって、羊は重要なシンボルということで、昔は本物の羊料理で、キリストの復活を祝ったそうです。春分の日の後の満月の、次に来る日曜日と決められた移動祝日である復活祭は、今年は416日。寒かった冬から春へと変わる季節をお祝いする日でもあるのだとか。
ふわふわのビスキュイ生地が、春らしい紅茶にぴったりの優しいお菓子です☆☆...゚。*・。♡ 


[PR]
# by red-ginger | 2017-04-01 23:05
b0210228_22363926.jpg

藤次郎の包丁は、料理を始めた頃から身近な存在でしたが、今では、世界に向けて発信されています!今日は、地元のレストランで、フレンチをいただきましたが、テーブルナイフは藤次郎さんでした~、デザインもオシャレ♪
わたしが愛用している和包丁は、made in 燕三条、吉金(吉兼)さんの。もう長年。教室の生徒さんも使ってくれてます。あ、爪切りも吉金さん(笑)。吉金さんで、鍛冶場見学してたら、「何センチの刃金つくりましょうか?」って。また欲しくなっちゃいました(笑)。品質の良さは、長く使っていると分かるんですよね。そんな逸品が身近にあるって幸せです゚。*・。♬*



[PR]
# by red-ginger | 2017-03-31 22:48

日本酒の新しい愉しみ方

b0210228_08414227.jpg



日本ソムリエ協会新潟支部例会は、会長田崎真也氏による日本酒のテイスティングセミナーでした。

新潟には、一つ一つの町に品質の独立した素晴らしい日本酒が存在しているから本当に誇らしいです。地元の多くの蔵元さんもご出席くださって熱気にあふれていましたよ。SAKEを料理と合わせて、よりおいしくマリアージュの幅を広げていけたら、さらにコミュニケーションも楽しくなりそう!微妙に違う日本酒の色の表現が、とても難しい>_<

日本ソムリエ協会が実施する、日本酒・焼酎に特化した新しい認定制度「SAKE DIPLOMA」のテキストも教室にも置いておきますね☆ ...゚。*・。♡ 








[PR]
# by red-ginger | 2017-03-30 08:47