家庭料理&ワインのおいしい時間 wurzburg.exblog.jp

◆◆◆


by red-ginger
プロフィールを見る
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中世のサヴォワ公国の首都の面影を残す古い町並み。お花で飾られた家並みが可愛らしい!
旧市街を流れるティウー運河。この日は、マルシェ開催日ということで出かけました。

b0210228_00093047.jpg


マルシェでであった、フランス地方菓子。
ヌガー。
もともとは、アラブのお菓子だそうです。ギリシャ支配下であった現在のマルセイユを経由してフランス各地に広まりましたが、モンテリマールのものが有名。はちみつの含有量が多いほど高級とされる!

b0210228_00094943.jpg


ガトー・ア・ラ・ブロッシュは、ピレネー地方の銘菓。お店の奥でおじさんが実際に焼いてます。ブロッシュは、串刺しの意味。小麦粉、砂糖、バター、卵のいわゆるカトルカールの生地を円柱形の型に少しずつ流し、型をまわしながら焼き上げる。その姿は、そびえたつ山々をイメージさせます!
残念ながら、このように伝統的な製法でつくる職人は減りつつあるそう。

b0210228_00100603.jpg

魚屋さん。
アヌシー湖や、近くのレマン湖の淡水魚も並びます。お魚の目利きは、地元の主婦が一番だと思うのであります。人気店は、どこも行列。そうそう、チーズ屋さんもねっ♪フランス地方のマルシェを訪れると、主婦たちがこだわって食材を選ぶ光景に出会うのです。

b0210228_00102223.jpg


はちみつも、サヴォワの特産品。
木箱の中は何だろう。
はちみつ石鹸です~♪

b0210228_00104432.jpg

はちみつといえば、パン・デピス。スパイスがたくさん入った焼き菓子です。十字軍によってフランスにもたらされ、今ではディジョンの名物として知られていますが、はちみつをたっぷり使うこのお菓子は、はちみつ屋さんで売られていたり、油脂を使わずヘルシーということでパリでは健康食品のお店でも売られています。

b0210228_00105795.jpg

山のチーズ!
ボーフォール、アボンダンス、ルブロション!!

フルーツも購入しました。
凝縮感ある!これでタルト、絶対おいしい♡

b0210228_00021811.jpg



[PR]
# by red-ginger | 2017-08-21 00:47
東京からパリ経由でジュネーブ空港に到着しました。初めての、国際線エールフランス。エコノミーでもアペリティフにシャンパーニュ!さすがフランス。
ジュネーブ空港は、スイス側入国とスランス側入国があります。
路線バスに乗り継ぎ、Haute-Savoie県アヌシーへ。バスの運ちゃん、お客さん全員と会話しながら乗せてくれます、(これが、また一人一人とけっこう長い)私たちにも知ってる日本語ぜんぶつかって。「ニホンゴ、モット、オシエテクレ~」とかいいながら迎えてくれました笑。
サヴォワ地方は、スイスに隣接した、モンブランなどの山に代表される山岳地帯です。目に飛び込んでくるのは、標高1000mのこの地域で飼育されているアボンダンス牛の群れ!
小雨まじりでハッキリしない天気。ちょと寒い。
でも、おいしいチーズとワインが待ってます♡

b0210228_23511001.jpg


ホテル(といっても、田舎風の中庭のお花が可愛い民家風)に到着。マダムが手作りのサブレとハーブ・ティーで迎えてくれました。やっぱり地方は人情が一番~!

旧市街散策。
地元で人気のブーランジュリーかしら!?「BOULANGERIE ARTISANALE」、その名も手作りパン屋さん。
素朴でいい感じ♡
あった、あった!
赤いプラリネを混ぜ込んだ、サンジュニー村のブリオッシュ!胡桃がたっぷり詰まったタルトも!ここサヴォワ県の胡桃は、AOCに認定されています。ガトー・サヴォワは、その大きさといい形の凹凸といい見事です!!
サヴォワに来てよかった!
b0210228_00011454.jpg




夜は予約していた、サヴォイヤード・レストランヘ。夜といっても、8時はまだ明るい!
b0210228_02122468.jpg



シャルキュトリーとチーズは、サヴォワ地方の美食遺産です。フレッシュ、あるいは熟成を経て様々な料理の形で登場します。

サボイヤード風サラダは、干した果物類、オリーブ、胡桃、チーズ、ハムなどなど、サヴォワの特産品が盛り込まれたグルマンのサラダ!
タルティフレットは、サヴォワに来たら是非いただきたいと思っていた、ジャガイモに炒めた玉ねぎとベーコン、そこにルブロションチーズをのせてオーブンで焼いた、温もりあふれる山のお料理!

そして、この土地のモンデューズ種という黒ぶどうから造られているワインとしっくりくる~♪

牛乳のIce creamは、ずっしり濃厚。

b0210228_02123791.jpg

山々の厳しさと太陽の恵みが、この地方のバラエティー豊かな食文化を物語っています。







[PR]
# by red-ginger | 2017-08-19 07:56
b0210228_15140636.jpg

ナスは何といっても夏の野菜、新潟はナス王国です笑!
焼きナスのグリークサラダは、ほんのり磯の風味香るギリシャのフェタチーズが爽やかさを醸しだす、暑い季節にぴったりのサラダです!日常の食材がいろいろな表情をみせてくれるって料理の面白いところですね♪

さて、本日から、しばらく旅に出ます。今、バタバタとスーツケースに洋服など詰めてまして

旅の様子は、またblogでレポートします.゚。*・。♡♡

[PR]
# by red-ginger | 2017-08-09 15:16
b0210228_21474524.jpg

先日、タイから帰国した友人が「日本の方が暑い~」と言ってましたが、本当にそう思う!でも、そんな時こそ、美味しさを実感できるのがタイ料理なのです♡
タイの国民食「カオマンガイ」は、鶏の茹で方、ご飯の炊き方、スープの作り方、シンプルゆえにポイントたくさん。バンコクの駄菓子屋さんなどでお目にかかれる、お花の形をした揚げ菓子「カノム・ドークジョーク」も実習!ココナツ香るサクサク触感が人気です。「ココナツのブラン・マンジェ」は、濃厚なマンゴーソースとの組み合わせが抜群~!
ぜひ、夏の集いは季節感あふれるタイ料理をふるまってみては~♪
...゚。*・。♡



[PR]
# by red-ginger | 2017-08-07 21:51
b0210228_23584813.jpg


コルシカ風スルメイカとじゃが芋のトマト煮は凝縮感あるフランス版おふくろの味♪
ガトーバスクは久しぶり。毎日暑くて、ほんとなら、クールにスイカやメロンなんか食べたくなる季節なんですけど、ずっしり重たい焼き菓子がしみじみ美味しいのは、伝統的な地方菓子の底力ですね!
夏大根のピクルスも重宝する1品。
他にも、セルヴェルド・カニュという、ハーブがきいたチーズ料理もご紹介しましたよ~。
爽やかなボルドー・ブランを片手に、ゆったりと歓談タイムを楽しんだのでした
。。。.゚。*・。♡ 

[PR]
# by red-ginger | 2017-07-29 00:00
b0210228_07204867.jpg


浅草雷門にほど近い、裏通りに佇む、渡辺雄一郎シェフのお店。朝から気温がぐんぐん上がって、シトラスの香り爽やかな江戸シャン美味~♡
モナカ、カリントウなど、シェフのお眼にかなった江戸素材が随所にあしらわれた独創的なお皿が続きます。でもメインは、やっぱり正統派!
元ジョエル・ロブションの料理長が織りなす貫録のフレンチでありました。牛フィレ肉はv.c.c.とかいう最新機材で調理するんですって。厨房は和やか。おおらかなシェフのお人柄が伺える素敵なお店、また癒されにおじゃましたいと思います。
...゚。*・。♡

[PR]
# by red-ginger | 2017-07-27 07:21
b0210228_21373456.jpg

今日は、土用の丑の日でしたね。
教室でもウナギの蒲焼丼♪♪最近のお気に入り、とうもろこしのバター醤油焼きものせました。茄子、しし唐、パプリカ、夏野菜も豚肉と一緒にもりもり。赤紫蘇のスパークリングは夏ならではのアペリティフ♡ あ、クジラ汁もね。
炒める、煮る、焼くの基本をしっかりとマスターできるメニュー構成でありました。今晩すぐ作れる。地元の素材を慈しみ、夏を元気に過ごしましょう!
今回も楽しい学びの時間をありがとうございました
☆。。。*☆。・:*:・゚`✛ 。


[PR]
# by red-ginger | 2017-07-25 21:42
b0210228_17191139.jpg

今年も越後ガス主催による親子クッキングが開催されました。

お料理は、まずは食材と親しむことから♪実際に目で見て(視覚)、触れて(触感)、香りを感じ(嗅覚)、調理の音を聞き(聴覚)、味わう(味覚)!五感フル回転の世界です~!

教えたことができなくても子どもは、「どうやったら自分でできるようになるか」一生懸命考えているんです。そんなときは目がキラキラ輝き、いつもそれを感じると幸せな気持ちになります。

お父さん、お母さん、あせらずに見守ってくださいね!☆。。。*☆。・:*:・゚`✛ 。



[PR]
# by red-ginger | 2017-07-24 17:22

b0210228_07005518.jpg
ドイツワインといえば、リースリングの生まれ故郷。最近は、辛口にどんどんシフトして食事に寄り添ってくれるのです。
ワイン伝統国から変わりつつあり、若手生産者たちによる革新がめざましいことでも話題ですが、赤ワイン生産の増加も顕著ですね~!
その昔、フランスのシトー派の僧侶によりピノノワールが持ち込まれた、南ドイツのマルターディンゲン村。フーバー醸造所のシュペートブルグンダー(=ピノノワール)飲んだらイメージ変わる~!これからのドイツは、赤にも注目してみたいと思います
゚。*・。♬*☆。・:*:・゚`✛ 





[PR]
# by red-ginger | 2017-07-21 07:05
b0210228_00161184.jpg
発売中の新潟WEEK! 8月号。夏の楽しみ方や思い出作りのヒントが満載です。編集部女子たちの、「本格タイ・グリーンカレーをおうちで作ってみんなで楽みたい~!!」のリクエストにお応えして、お手伝いさせていただきました。グリーンカレーは、新鮮な青唐辛子が手に入る、夏こそ旬な料理です!ココナツミルクを鍋に入れるタイミング、ペーストの炒め方、火加減、野菜の選び方でも美味しさが一段とアップするポイントをご紹介しています。
この夏は、エスニック料理をグッと身近に引き寄せてみて~夏の思い出の1ページになるといいなぁ☆。。。*☆。・:*:・゚`✛ 。

[PR]
# by red-ginger | 2017-07-19 00:46
b0210228_14340544.jpg

7月は、夏にふさわしくテーブルにもタイ料理が並びました。デザートは、ふわふわに焼いたココナツケーキに、冷たいタピオカミルクとメロンソースを添えて♪
シャンパンに浸しながらたべるという伝統菓子、ビスキュイ・シャンパーニュも!現地では、ビスキュイ・ロゼともいい、そのピンク色、かつては赤ワインで色づけしていましたが、現在は企業秘密だそうです。教室では赤い食紅ちょっと落として作りました。こちらも、ふわっと口当たり軽く♡
シャンパーニュは、フランスのワイン産地では最北。酸がしっかりのって爽やかなので、夏のおもてなしにもGOODです
☆。。。*☆。・:*:・゚`✛ 。


[PR]
# by red-ginger | 2017-07-17 14:43
b0210228_23133042.jpg

今月の家庭料理2クラス、終了しました。メニューは、いろんな具の食感が楽しいタイ屋台の定番焼きそば、クッティオ・パッタイ。それから、スパイシーでジューシーな定番のおつまみ、タイのさつま揚げ、トード・マン・プラー、自家製ダレと共に作りました。

さて、週末の、ワインを楽しむクラスでは、本格タイ料理を味わいながら、涼やかなシャンパーニュを合わせてみたいと思います。ついでに、シャンパーニュのラベル表示の用語や醸造方法などもおさらいしましょう!
お楽しみにいらしてくださいね~♪゚。*・。♬*


[PR]
# by red-ginger | 2017-07-10 23:26
b0210228_14554069.jpg

パプリカ、ナス、トマト、彩り鮮やかな夏野菜をたっぷり盛り込んだ魚介のパエリヤを作りました。(今回は、ノーリツの、ピピッとコンロにおまかせ♪ 温度も時間もセンサーが見守ってくれました、だからその間にデザートもつくれちゃう)
太陽をいっぱい浴びている国の料理は陽気ですね♪♪

パンナコッタは冷え冷え、メロンのジュレが美味♡
どちらも夏のパーティーメニューにもぴったりなのです。

旬の食材には旬の栄養がたっぷり。夏は食卓にはビタミンカラーを添えてあげましょう、、
やる気でますよ~
 。。。.゚。*・。♡ 


[PR]
# by red-ginger | 2017-07-04 15:15
b0210228_09442191.jpg

ジメッとしたこの季節を元気に過ごすためには、日頃の食生活がカギをにぎりますね。
市場で、可愛らしい二十日大根(ラディッシュ)を見つけたので、さっそく教室でピクルスに。鮮やかで元気になれるし冷やしてサッパリ美味!あ、キュウリは塩麹などしのばせて、こちらもシャキッとまろやかです♡
夏の定番の素麺は、ヴィネグレット・トマトかけて。食欲ないとき、疲れているときにパワーつきます。
この時期、いつもダラダラしてしまうのですが、お酢を上手に取り入れて清々しく過ごしたいと思います~☆。。。*☆。・:*:・゚`✛ 。


[PR]
# by red-ginger | 2017-06-29 09:50
b0210228_23410212.jpg

お鍋一つでつくれちゃうフランス料理** 豚肉と紫キャベツのブレゼを作りました。紫キャベツは、そのままだとやや硬いので豚肉などど一緒に煮込むとおいしい素材。南仏の港町サントロぺの銘菓トロぺジェンヌは、ブリオッシュ生地にカスタードベースのクリームをはさんだだけのシンプルなお菓子ですが個人的に大好きなので教室でも紹介したいな~と、その念願叶ってうれしい一日♡フランスの地方菓子には、ブリオッシュ生地をベースにしたものが多種類。朝食、おやつ、デザートと幅広く食べられています。地方菓子は素朴だけど、ぬくもりを感じるんです☆ ...゚。*・。♡


[PR]
# by red-ginger | 2017-06-26 23:56